特定非営利活動法人 防災推進機構

Agency for Promoting Disaster Mitigation and Damage Reduction

組織概要

防災推進機構とは

特定非営利活動法人防災推進機構は,文部科学省科学技術振興調整費・重要課題解決型研究「危機管理対応情報共有技術による減災対策」(平成16年度~18年度)に連携して取り組んでまいりました研究機関の研究者が設立発起人となり,民間の防災関連産業の皆様と一緒に,研究成果の発展,展開や,新たな危機管理,減災体制の構築,それを可能とする技術,ツールを世の中に広く浸透させ,我が国の防災力,減災力向上を図ることを目的として,平成19年度に設立登記を行い,本格的な活動を開始しました.

設立趣旨書

防災推進機構の変遷

防災推進機構設立当初は,主たる事務所を神奈川県、従たる事務所を東京都に置き、首都圏中心かつ共同研究中心の活動を開始しました。理事長が教授として山梨大学に赴任したのを機に、平成21年より従たる事務所を東京都から山梨県へ移転し,さらに平成25年からは主たる事務所も山梨県に移転しました。 文部科学省・首都直下地震防災減災特別プロジェクト(平成19年度~平成24年度)、安全・安心科学技術プロジェクト(平成20年度~23年度)を、会員の研究者と自治体ならびに住民の皆さんと共同で実施した結果,研究成果の災害対応管理システムやSNSは実用化レベルに達し、これらの管理を当機構で行うこととしました。平成25年度には、これらの成果を総務省・ICT街づくり推進事業「産学官民協働のICT街づくり -歴史ある地方の街のプラス成長への挑戦-」や㈶河川情報センター研究委託事業「大規模河川氾濫に対する広域避難システムの構築」に適用し、さらにシステムの高度化を実現させました。平成26年度からは、ICT防災のみならず、様々な防災ビジネスの創出・展開の支援を重点課題として、取り組んでいきます。

防災推進機構における役員の位置づけについて

防災推進機構では,防災推進機構のミッションに適った事業を立ち上げ,積極的に推進できる方を理事にしております.

組織の概要

名称 特定非営利活動法人防災推進機構
(ADMiRe: Agency for Promoting Disaster Mitigation and Damage Reduction)
設立 2006年9月13日設立(法人認証:2007年8月9日)
所在地 事務所:特定非営利活動法人防災推進機構 理事長 鈴木 猛康
〒400-8511 山梨県甲府市武田4-3-11 山梨大学工学部 B1号館235号室
Tel/Fax: 055-220-8531 E-mail: こちらをクリックしてください。
代表者 理事長 鈴木 猛康
役員 理事4名  監事1名
会員 正会員数 20   賛助会員数 7

2017年5月現在

このページのトップへ